×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


自動車保険、いくら必要?



menu
・トップページ
●保険
・生命保険、いくら必要?
・生命保険の種類。
・入院で戻ってくるお金。
・医療保険、いくら必要
・自動車保険、いくら必要?
自動車保険には強制加入の自動車損害賠償責任保険                        
一いわゆる自賠責保険と任意の自動車保険の2つがあります。

自賠責保険は人(対人)のみの保障で物(対物)に対する保障はありません。

例えば、ガードレールにぶつけてぐにゃっと曲がってしまったなんて時は、自賠責からは一切保険金は下りません。

対人の補償額は被害者一人当たり、
          死亡                  3千万円、
          傷害(怪我などの入院、治療代)120万円、
          後遺障害(後遺症が残った場合)4千万円 
これだけしか保障されません。

そこで、超過分を払うのが任意の自動車保険です。
任意にはなっていますが、必ず入っていないといけないでしょう。
いつ、何があるかわかりません。
任意の自動車保険に入ることで、もしも加害者になってしまった時の自分を守るためのもなりますし、お金をきちんと払える事で、被害者を守ることにもなるのです。

ですが、自動車保険は決して安いものではありません。
削れる保険料が割引になるポイントを紹介します。

@ゴールド免許割引
 普段から安全運転、違反をしないよう心がけましょう。

A使用目的割引
 通勤は電車、バスを使い買い物、レジャー西か使わないと安くなります。
 (年間走行距離が短いと割引の場合もあります)

B年齢割引
 使用者の一番低い人の年齢が高ければ割り引き二なります。

C等級で割引
 自動車保険独特の等級という制度があります。
 6等級から始まり1年間無事故等級が上がります。
 また、セカンドカーを買った場合たいてい、2台目の等級が高いところからスタート。
 奥さんの車を買うとき、旦那さんのセカンドカーとして買いましょう。

D低燃費割引・エアバック割引
 低燃費の車、エアバックがついているなら割引になる事もあります。
 買い替え時には是非検討しましょう。


次に、自動車保険の補償額はいくら必要でしょうか?

 
最低 理想
対人賠償 他人を死亡・怪我をさせた場合の補償に支払われる。
過去の判例で5億というケースもある。
無制限 無制限
対物賠償 相手の車・物の補償に支払われる。
電柱を倒してしまったり、電車を止めてしまったり。
1000万円 無制限
搭乗者傷害 車に乗っていたすべての人の死亡・後遺障害を補償。
人身損害補償があれば必要ない。
500万円 1000万円
無保険者傷害 相手が無保険の場合自分の損害が補償される。
自動的に対人が無制限だと2億円になる。
2億円 2億円
自損事故 単独事故、信号無視などで搭乗者が死亡した場合に補償される。無条件で1500万円 1500万円 1500万円
人身傷害保険 運転者・搭乗者が死亡・怪我をした場合過失割合にかかわらず補償される。 2000万円 3000万円
車両保険 自己の車に対する補償。
一般、エコノミー+A、エコノミーのタイプがあり値段も補償も異なります。
免責金額、補償内容を吟味して本当に掛けたい方がいかよく考えましょう。
中古車では加入できない事もあります。

加入のポイントは、保険料と補償内容、自己対応のよさ、ロードサービスがついているかいないか(必要か、不必要か)まとめて検討する必要があります。

また、毎年、更新時に見積もりを何社も取って比較すると、節約になるかもしれません。
去年はA社が一番安かったけど、今年はB社が安いし、ロードサービスもついている。
なんてこともあります。

まとめて、資料請求できますので、自分の条件で見積もりを出してもらいましょう。


*納得の自動車保険見積り!全員に500円の商品券プレゼント!
*自動車保険一括見積り 保険は比較して得する!