×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


入院して戻ってくるお金



menu
・トップページ
●保険
・生命保険、いくら必要?
・生命保険の種類。
・入院で戻ってくるお金。
・医療保険、いくら必要
・自動車保険、いくら必要?

入院して、お金が戻ってくるのは以外と皆さん知らないのではないでしょうか。

皆さん必ず国民健康保険か会社で健康保険に入っていなければなりません。

この、健康保険、病院を受診した時の自己負担が3割になるだけではないのです。

入院時に戻ってくる可能性があるものとしては高額療養費と傷病当金というちょっとむずかしめな名前のものです。いずれも健康保険から支払われます。
ですから、入院しても無限にお金がかかるわけではないのです。


@高額療養費

1ヶ月の自己負担額が基準額を超えた場合、その超えた分が支給されます。
食事代(780円)、差額ベット代は対象外です。

基準額は年齢と収入によって以下の通りで
す。

基準額
70歳未満 住民税非課税世帯(低所得者) 35,400円
月収56万未満(一般) 72,300円+(医療費−241,000円)×1%
月収56万以上(上位所得) 139,800円+(医療費−466,000円)×1%
70歳
以上
低所得者 外来 8,000円
入院 24,600円 
一般 外来 12,000円
入院 40,200円
上位所得者 外来 40,200円
入院 72,300円+(医療費−361,000円)×1%
例えば、30歳で入院して手術をして100万円かかっても一般の方は7万9890円しか、自己負担額がかかりません。

また、70歳以上になると外来でも1ヶ月の基準額を超えると払戻してくれます。


A傷病手当金

主に、サラリーマンで、会社の健康保険に入っている方は
病気、怪我のため療養中で仕事を休まなければならないときに支払われます。
給料の支払いを受けていない状態で、支給は3日目から1年6ヶ月までで、額は1日につき標準報酬日額(簡単に言うと、一日のお給料)の6割が支払われます。



※注意
これらは自分で会社、または区役所に申請しなければ支給されません。
会社や区役所からは何も知らせてこない場合が多いので、申請は自分できちんと申し出ましょう。